百貨店催事のご案内(12月第1週)

休憩時間にぼんやり鴨川を眺めていたら、ユリカモメがやってきているのを発見した矢田です。ひんやりした空気にユリカモメの白さが映えます。

一方、11月の終わりに行った修学院の赤山禅院では寒桜が咲いているのを見つけました。
桜といえば春のうららかなイメージですが、寒桜は凛と咲いている感じがします。
こちらの桜もいいですね。


↑紅葉の赤にも負けない存在感でした

今週は横浜で出店します

今週は、横浜高島屋・地下で出店します。
いよいよ今年最後の催事出店になります。
お正月に備えて、お揚げを少し多めにお買い上げ頂き、冷凍で保管していただくこともできます。
この機会にいかがでしょうか。

ご試食もあります。オンラインショップで気になるお品がある方も、ぜひ試しにいらしてください!

横浜高島屋での出店の詳細です

◎横浜高島屋 地1階 食料品フロア 『華正樓横ウィークリーコーナー』
 12月 6日(水) → 12月12日(火)
 午前10時 ~ 午後8時

詳しい情報は横浜高島屋のホームページへどうぞ
https://www.takashimaya.co.jp/yokohama/ 

おすすめ品:青碧(あお)豆腐


↑グリーン色の香ばしい甘みの汲みだし豆腐です
 
岩手県・福井県産「岩手みどり」大豆でつくった、香ばしい甘みのくみだし豆腐です。
 
冷やっこでお召し上がりの場合、キンキンに冷しすぎると味が分かりにくくなるので、
お召し上がりの10分ほど前に冷蔵庫から外へ出しておいてからお召し上がりください。
 
湯豆腐でお召し上がりになる場合も、温めすぎないようにしてください。
お湯の中で豆腐が“ゆらゆら”と動き始めたぐらいが食べごろです。

冬の鍋セットから「鯛ゆず鍋セット」をご紹介します

このところ急に寒くなりだしたので、夜は鍋料理で温まってほっこりしたいところです。
前回の「酒粕豆乳鍋セット」に引き続き、今回は「鯛ゆず鍋セット」をご紹介します。


↑豆腐と巻湯葉のほか、鯛と野菜(ゆず皮付き)が入ったセットです

こちらのセットも、かつおと昆布からとったおだしをお鍋に入れて温め、続いて具材を入れれば、すぐにお召し上がりになれるセットです。
鯛の“あら”もついていますので、一緒に入れてください。
ここからも味が出て、よりおいしくお召し上がりいただけます。


↑鯛といえば「おめでたい」。ゆず皮の黄色が鮮やかです

やさしいおだしにの味に鯛から出たうまみが加わり、それらをゆずの風味がキュッとまとめます。
鍋に残ったおだしで、最後に雑炊をするのもおすすめです。
寒さ厳しいシーズンに、ココロもカラダも温まります!

鯛やおだしのご用意は「貴与次郎」さん

「鯛ゆず鍋」セットの鯛や野菜、おだしのご用意は、「貴与次郎」さんにお願いしています。
「貴与次郎」さんは、京都の老舗旅館・柊家で料理長されたご主人が、京都の食材にこだわった「京づくし」のお料理でおもてなしされているお店です。

当店の冬の鍋セットは、「酒粕豆乳鍋セット」のほかに、「鯛ゆず鍋セット」「湯豆腐セット(大)」「湯豆腐セット(小)」があります。計4種類です。
今年お世話になった方や親しい方へのご挨拶やご自宅での“ちょっとした贅沢”にいかがでしょうか。

前のブログはこちら

«

次のブログはこちら