【今回ご紹介する商品】

 

*豆腐の種類を変更できます。にがり木綿豆腐を多くすれば、より湯豆腐向きのセットになります。

 
 

湯豆腐とは、昆布を敷いた鍋に角切りした豆腐と水を火にかけ、温めたものをつけじょう
ゆと薬味で食す料理のことです。豆腐には火を入れすぎず、ゆらゆらと鍋で動いたところ
で引き上げます。やわらかな食感とシンプルな料理であるがゆえに、食材そのものの味を
楽しめるところに特徴があります。
 
また、湯豆腐の起源は、京都・南禅寺の精進料理にあると言われています。肉食が禁じら
れた僧侶にとって、豆腐は非常に大切なたんぱく源だったことでしょう。
(実際、豆腐は良質なたんぱく源として注目されています。ダイエットにもおすすめ?)
 
室町時代には、茶道の広まりとともに神社仏閣の精進料理が一般にも浸透し、豆腐料理も
広がっていきます。今でも南禅寺や嵐山・嵯峨野は湯豆腐で有名かと思います。
そんなわけで、湯豆腐は京都ととても縁の深い料理です。


湯豆腐をするとき、どんな具材を一緒に入れますか?
しいたけ、はくさいやえのき、ちょっと豪華に鶏肉やたらを思い浮かべるのではないでし
ょうか。
京都の湯豆腐は、シンプルに豆腐と昆布だけ、ということが多いです。
他に具材を入れるなら、生麩、にんじん、だいこん、水菜あたりかと思います。
やはり、湯豆腐では“豆腐そのものの味”を楽しみたいから、というところでしょう。
 
湯豆腐に使う豆腐の種類は「もめん豆腐」をおすすめします。
京都のもめん豆腐は、柔らかく食感がなめらかなのが特徴です。
まわりを山に囲まれた盆地の京都、芯から“底冷え”する冬に温かい湯豆腐をつるっといた
だきます。
そんな冬の情景もまた、京都の湯豆腐を美味しいものにしているように思います。


※湯豆腐セットは冬季限定につき、現在は販売を終了しております。通常セットのラインナップをお楽しみください。

賀茂とうふ 近喜では、冬季限定で「湯豆腐セット(大)」「湯豆腐セット(小)」をご用
意しています。
“大豆そのものの甘みを活かした”当店の豆腐。
それらの豆腐を味と食感で種類ごとに食べ比べ、楽しむことができます。
 
また、湯豆腐のつけだしと水菜・青ねぎ・にんじん・だいこん・しめじ・白まいたけの野
菜セットは、京料理「貴与次郎」さんでご用意いただいています。
京都の老舗旅館・柊家で長く経験を積まれ料理長もされたご主人が独立し、おもてなしを
されているお店です。
ほか、モチモチしたあわ麩(生麩)も入ります。
まさに、『京都づくし』の湯豆腐をお楽しみいただけます。
 
当店の湯豆腐セットのレシピは、お鍋に水と昆布を入れて火にかけ、豆腐とあわ麩・野菜
を入れるだけ。
あとは、湯豆腐のつけだしとお好みの薬味でお召し上がりください。



最後に、“豆腐そのものの味”を湯豆腐でお楽しみいただくための、おすすめのお召し上が
り方をお知らせします。
それは、「豆腐を温めすぎないこと」。
豆腐を鍋に入れて、コトコトと豆腐が動き出したくらいが食べごろです。
ほどよく温まるくらいだと、豆腐の味をよりお楽しみいただけます。
これが湯豆腐の作り方の基本です。
豆腐が熱々になるまで長く温めすぎると、豆腐そのものの味が分からなくなるうえに、舌
もやけどしてします。
さらに、鍋の中で豆腐が崩れて散ってしまい、見た目も悪くなります。
ですので、豆腐はサッと温めて、じっくり味わってお召し上がりいただく、これがおすす
めです。

 
 

【今回ご紹介した商品】

 

*豆腐の種類を変更できます。にがり木綿豆腐を多くすれば、より湯豆腐向きのセットになります。