「なべ豆腐」の販売開始と百貨店催事のご案内(10月第2週)

今年の秋はなかなか気温高めの日が続いています。
京都では「夕立?」と思うような土砂降りや激しい雷がありました。
そんななかでも秋の実りは着実に実を結んでいます。


 ↑かぼちゃの奥に見えているのはいちじく。大きい実と小さい実があって家族みたいです

サイクリングの途中で寄った道の駅で発見。即、お迎え。
畑からそのまま連れてきましたと言わんばかりの色合いがすばらしいです!

なべ豆腐、始めます!

日が落ちるのが、ずいぶん早くなりました。
そうなってくると、いよいよ鍋物のシーズン。
湯どうふや水炊き、寄せ鍋を囲んで、秋の夜長を楽しむのもアリです。

そこで、ショッピングサイトでも、冬季限定「なべ豆腐」を始めます。
絹ごしくらいの“ふるふる”した柔らかさですが、煮崩れしにくいようにつくった豆腐です。


 ↑鍋料理で豆腐の味や風味を楽しむコツは、温めすぎないこと。舌をやけどしないためにも、ほどほどの温めでどうぞ。

湯どうふはもちろん、水炊きや寄せ鍋のお供に、ぜひどうぞ!
また、すき焼きには「にがり焼き豆腐」をおすすめします。

今週は立川で出店します

今週は立川伊勢丹で出店します。

京都の工芸品と食べ物のお店が集まる催事です。
台風が通り過ぎて、すこーし秋らしい涼しさになった今日この頃。
お散歩ついでに、ぜひお立ち寄りください。
(すぐ近くの昭和記念公園では“コスモス祭り”をやってますよ!)

ご試食もあります。オンラインショップで気になるお品がある方も、ぜひ試しにお越しくださいませ!

立川での出店の詳細です

◎伊勢丹 立川店 7階催物場
『 ~伝統とモダンの競演~ 京都展 』
 10月 9日(水) → 10月14日(月・祝)
 午前10時 ~ 午後7時30分(最終日は午後6時閉場)

詳しい情報は伊勢丹 立川店のホームページへどうぞ
https://www.isetan.mistore.jp/tachikawa.html

広告品:「花麩きんかん(もみじ)」


 ↑中にもみじ麩とぎんなんが入ったひとくちがんもです

もみじを彩った生麩とぎんなんを中にしのばせたひと口サイズのがんもどき。
お出汁で炊くほか、電子レンジで温めてぽん酢を少しかけてもお召し上がりいただけます。

*お出汁で「炊く」というと、ご飯を「炊く」みたいに聞こえますが、
“お出汁でコトコト煮る”くらいの意味です。
じっくり温めてお出汁を食材にしみこませる感じで、
おばんざいによくある「〇〇の炊いたん」の「炊いたん(=炊いたもの)」がコレです。

前のブログはこちら

«

次のブログはこちら